脇屋友詞公式webメディア脇屋友詞

YouTube

《とろとろ卵とトマト焼きビーフン》肉ナシでもコクあり、トマトと生姜ひと手間でプロの味

中国料理には香油(シャンユ)といって、オイルでねぎ、生姜、花椒などをじっくり煮出して香りを移した香味油があります。今回は簡単バージョンで、せん切りの生姜と花椒の香りをオイルに移し、そのオイルを使ってビーフンを炒めます。これだけで具が無くても美味しい焼きビーフンの出来上がり。さらにひと手間かけてトマトの濃厚なソースを卵と合わせて上からかけました。ふわっと生姜の香る軽やかなビーフンとトマト、卵の相性がぴったりです。

とろとろ卵とトマトの焼きビーフン

材料

ビーフン   150g
ミニトマト 1パック(200~250g 普通のトマトでもOK)
トマトジュース 200ml
生姜(細切り) 2~3片分
卵   4個
シャンツァイ 適宜

調味料

太白胡麻油 少々

太白胡麻油 大2
花椒(粒) 2~3粒

塩 適宜
水 大3

太白胡麻油 大2

《作り方》

  • 1. トマトは湯むきして半割にする。

    たっぷりの湯に太白胡麻油を加え、ビーフンをゆでる。ゆで上がったらザルに上げて水気を切る。

  • 2. フライパンに太白胡麻油と生姜、花椒を入れ香りが立つまで炒める。

    生姜の水分が抜けてチリチリしてきたらいったん皿に取り出す。

  • 3. 生姜を炒めたフライパンでトマトを炒める。水分が出て形が少し崩れてきたらトマトジュースを加える。

    ヘラで混ぜた時にフライパンの底がみえるくらいの濃度になるまで煮詰める。

  • 4. 炒めておいた生姜をフライパンに戻し、ビーフンを入れて炒める。

    塩で味を調え、トマトソースを半量加えて全体にからめる。水を加え、再度味を見て、ちょうど良い加減に塩で味を調える。皿に広げるように盛り付ける。

  • 5. 同じフライパンをサッと拭いてから太白胡麻油を入れて卵を炒める。

    半熟になったら残りのトマトを加えてざっくり混ぜる。ビーフンの上にすべらせるように盛り付け、シャンツァイを飾って完成!

戻る

Category

Archive

  1. 2022年9月 (11)
  2. 2022年8月 (14)
  3. 2022年7月 (12)
  4. 2022年6月 (13)
  5. 2022年5月 (13)
  6. 2022年4月 (40)
  7. 2022年3月 (46)
  8. 2022年2月 (37)
  9. 2022年1月 (32)
  10. 2021年12月 (35)
  11. 2021年11月 (33)
  12. 2021年10月 (4)
  13. 2021年9月 (3)
  14. 2021年8月 (7)
  15. 2021年7月 (6)
  16. 2021年6月 (7)
  17. 2021年5月 (2)
  18. 2021年4月 (3)
  19. 2021年2月 (3)
  20. 2021年1月 (1)
  21. 2020年11月 (3)
  22. 2020年10月 (1)
  23. 2020年9月 (3)
  24. 2020年8月 (1)


Wakiyaオフィシャルサイト


Wakiyaオンラインストア

トップへ戻る