脇屋友詞公式webメディア脇屋友詞

YouTube

《炒飯》醤油の香りで食欲全開炒飯♪しっかり下味が成功の秘訣

気仙沼のメカジキを使ったレシピ、第三弾はチャーハン。塩は使わず、醤油で仕上げる香ばしい味わいです。メカジキに下味をしっかりつけ(中国料理では漿チャンといいます)、最初に焼いてうま味を閉じ込めるのがコツ。脂ののったメカジキのうま味に焦げた醤油の香りがぴったりです。

メカジキの醤油炒飯

材料

メカジキ 1枚
卵 1個
ご飯 250~300g
ねぎ(みじん切り) 大1
青ねぎ (みじん切り) 大2

調味料

■メカジキの下味
醤油 小1
酒   小1
塩   少々
胡椒 少々
溶き卵 小2(卵1個溶いたものから取る)
片栗粉 小2

太白胡麻油 大2

酒   大1
醤油 大1強

胡椒 少々
醤油 少々

《作り方》

  • 1. メカジキは1cm角に切り、醤油と酒を加えて混ぜ、塩、胡椒をふってしばらくおく。

    溶き卵を加えて混ぜ、片栗粉を全体にふりなじませる。

  • 2. フライパンに太白胡麻油を熱し、メカジキを入れて表面が白っぽくなるまで焼く。

    いったん皿に取り出しておく。

  • 3. 同じフライパンに油を少々足し、卵を入れ半熟状態のところにご飯を入れる。

    中火で混ぜながら卵とご飯がなじむまで炒める。

  • 4. メカジキをフライパンに戻し、メカジキに酒と醤油をまわしかけ、焦がすようなイメージで混ぜながら味をつける。

    ご飯とメカジキを合わせて炒め、胡椒を加える。中心をあけて醤油を加え、ねぎを入れて炒め合わせ完成!

戻る

Category

Archive

  1. 2022年9月 (12)
  2. 2022年8月 (14)
  3. 2022年7月 (12)
  4. 2022年6月 (13)
  5. 2022年5月 (13)
  6. 2022年4月 (40)
  7. 2022年3月 (46)
  8. 2022年2月 (37)
  9. 2022年1月 (32)
  10. 2021年12月 (35)
  11. 2021年11月 (33)
  12. 2021年10月 (4)
  13. 2021年9月 (3)
  14. 2021年8月 (7)
  15. 2021年7月 (6)
  16. 2021年6月 (7)
  17. 2021年5月 (2)
  18. 2021年4月 (3)
  19. 2021年2月 (3)
  20. 2021年1月 (1)
  21. 2020年11月 (3)
  22. 2020年10月 (1)
  23. 2020年9月 (3)
  24. 2020年8月 (1)


Wakiyaオフィシャルサイト


Wakiyaオンラインストア

トップへ戻る